法要

法要

命日という言葉を聞くと、一年に一度の、故人の亡くなったその日を考えますが、実は毎月訪れる命日もあります。いわゆる“月命日”のことですが、正式には“月忌(がっき)”と呼び、亡くなった日と同じ日をにちをいいます。3月1日に亡くなったのあれば1日が月忌になります。月忌には、特に人を招くことはしないで身内だけで済ませることが多く、墓参りなどをしますが、月忌に合わせてお寺に伺うことを“月参り”というそうです。

そして、毎年巡ってくる故人の亡くなった日を“祥月命日(しょうつきめいにち)”と呼び、命日のある月のことを“祥月(しょうつき)”と呼びます。“亡くなった日”という捉え方とは別に、“仏に生まれ変わった誕生日”という捉え方もするようです。祥月命日に営む追善供養の法要のことを“年忌法要”といいます。亡くなって1年経った“一周忌”にはお寺で読経をお願いし、仏壇をきれいにしたり、墓参りをしたりします。

翌年の二年目には二回忌とはせず、“三回忌”となります。その次は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌と続くのですが、亡くなった年を含めて数えるので、七回忌だと亡くなって6年後、十三回忌は12年後、十七回忌は16年後に行う法要になるのです。

また、七回忌以降は、少しずつ供養の規模を縮小して招く人も絞っていくことになります。そして、32年後の三十三回忌をもって弔い上げ、年忌法要が終了となります。三十三回忌で弔い上げとされる理由は、33年または50年をもって死者は個性を失い祖先になるとされているからのようです。

仏教では亡くなって33年が経つとどんな人でも無罪放免になり、極楽浄土へいけるとされる考え方もあるのだそうです。弔い上げでは戒名を記した位牌を仏壇から片付けると「○○家先祖の霊」の位牌を祀ることになるのです。それから、弔い上げののちにはお寺に永代供養を依頼することもあります。永代供養とは、これまで遺族や親族で行ってきた法要をお盆やお彼岸にお寺が替わっておつとめしてくれることです。永代供養は弔い上げ以降だけとは限らず、施主が亡くなってしまったり、子孫が途絶えたり、お墓から離れた遠方に暮らすことになったりした場合などに依頼したりします。

お願いするには“永代供養料”といういわゆるお布施を納めます。親の法要ならばぜひとも弔い上げまで立派に法要をつとめたいものですね。

■ 横浜、川崎の葬儀
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar