四十九日の準備

四十九日の準備

今回は四十九日の法要の仕方についてお話しします。亡くなった日を1日目とするので、亡くなった日から数えて49日目のこの日を“満中陰(まんちゅういん)”または“尽中陰(じんちゅういん)”と呼びます。

別でもお話ししましたが、亡くなって49日経つと仏さまより、現世での所業の裁きの判決が下され、次の世の生き方が決まります。親しかった人たちはこの日、故人が極楽浄土に旅立てるよう祈り、冥福に祈りを捧げます。この法要が済むと、“忌明け”となります。

でも、どうしても49日目の日に日程がつかないこともあると思いますが、その場合には日をずらして忌日よりも早い日にするのがよいそうです。場所は通常、自宅がお寺で行い、法要ののち、レストランなどで会食をすることが多いようです。

招待客には電話連絡をするか、招待状を送るなどし、会食用のレストランには予約を入れたり、お寺や僧侶にも都合を相談しておくなどの事前準備が必要ですね。

最近は皆さんの都合を早めに考え、葬儀のあとなどに四十九日法要の案内をしておく場合も増えているそうです。お招きする人はどうでしょうか。どこまでのおつきあいの人をお呼びしたらよいのでしょう。通常は身内や、ごく親しかった友人の方だけで行い、遠方の親戚やあまりつきあいのない方は招かなくてかまわないようです。

通夜などよりもずいぶん気持ちも楽に考えられそうですが、当日お渡しする引き出物の手配を忘れてはならないことです。人数分渡すものではなく1家族に1セットでかまわないので数はそれほど必要ないものです。最近はカタログギフトなども多いようですが、一般的には3000円程度の、消えるものが良いようです。定番の品としてはお茶、お米、しいたけ、お茶漬け、インスタントコーヒー、洗剤など。

それから、近頃は通夜や葬儀の日に即日返しをする場合も増えていますが、通常は香典返しは四十九日の法要後にするので、手渡しする分や送る分の手配も必要ですね。

また、逆に招かれる側として、もしも四十九日のお供えを贈りたい場合はどんなものを贈ったらよいでしょうか。四十九日は通常“五供”と呼ばれる“香”“花”“灯燭”“浄水”“飲食”の5つのものがお供えされますので、故人が好きだったお菓子やお花などを選ぶといいですね。現金だと5000~1万円ほどでよさそうです。

死者をこれから送り出す際の仏教の教えが“五供”には込められているそうです。

葬儀地域別情報・神奈川県(他市・町)
葬儀 相模原市 葬儀 鎌倉市 葬儀 逗子市 葬儀 三浦市 葬儀 葉山町
葬儀 厚木市 葬儀 大和市 葬儀 海老名市 葬儀 座間市 葬儀 綾瀬市
葬儀 愛川町 葬儀 清川村 葬儀 平塚市 葬儀 茅ヶ崎市 葬儀 秦野市
葬儀 伊勢原市 葬儀 寒川町 葬儀 大磯町 葬儀 二宮町 葬儀 南足柄市
葬儀 中井町 葬儀 大井町 葬儀 松田町 葬儀 山北町 葬儀 開成町
葬儀 小田原市 葬儀 箱根町 葬儀 真鶴町 葬儀 湯河原町 葬儀 城山町
葬儀 藤野町

 

 

Calendar