遺品整理

遺品整理

葬儀が終わり、少し落ち着いたら遺品の整理をしなくてはなりませんね。複雑な気持ちもあるでしょうが、気持ちに区切りをつけるきっかけにもなりますし、なにより故人への供養にも通じる作業なのだそうです。保存しておくもの、形見分けするもの、処分するものに分けて整理していきます。

自宅で不要になったものはなるべく焼却したほうがいいようですが、焼却の前には必ず線香を上げてからにするそうです。保存しておくものとしては、手帳、日記、住所録や手紙など。喪中欠礼のはがきを出す際や、生前の状況や交友関係を知るのに必要になるかもしれないので当分は保管しておくほうがよさそうです。

それから税務関係の書類などは7年間は保管しておかなくてはいけません。故人が事業を行っていた場合には、遺族が確定申告をしなくてはいけませんし、領収書、帳簿、その他さまざまな書類は税務関係上いつ必要になるかわかりません。

また、会社勤めをされていた場合には、なるべく早い時期にあいさつを兼ねて勤務先を訪ね、自宅にあった会社関係の書類や社会保険証、厚生年金手帳、身分証明証、バッジ、鍵などをお返ししなくてはなりません。

あとは形見分けするものですが、時期としてはだいたい四十九日後の忌明けごろにされることが多いようです。形見分けとはどうやってするものでしょうか。アクセサリーや衣類など、故人の愛用していたものや身につけていたものを親しかった人たちや遺族で分けることですが、遺族が勝手に割り振るものでもなく、あくまでも受け取る相手側が望んでくれて喜んで受け取ってもらうことができる品を渡し、故人の持ち物を大切に使ってくれることが前提です。原則としては目上の人には形見分けはしないのが礼儀とされていますが、望んでくださった場合にはこだわらなくてよさそうです。逆に考えると、自分が故人より目上の立場であった場合、故人の形見が欲しいと思うのなら自分で遺族に申し出ないといくら親しかった間柄であっても形見分けはいただけないということになりますよね。

渡し方は、包装せずそのまま現物を渡してかまいません。それから、高価な貴金属や美術品、骨董品などは相続税の対象になることがあるので注意が必要になります。その額が決定される前に形見分けをしたことによって起こるトラブルも少なくないようです。のちに算出してみるとずいぶん高価なものだったことがわかり返還を求めたり、受け取った側に贈与税が発生してしまうケースもあるようです。

地域別葬儀情報・東京都下(市部)
葬儀 八王子市 葬儀 立川市 葬儀 武蔵野市 葬儀 三鷹市 葬儀 青梅市
葬儀 府中市 葬儀 昭島市 葬儀 調布市 葬儀 町田市 葬儀 小金井市
葬儀 小平市 葬儀 日野市/ 葬儀 東村山市 葬儀 国分寺市 葬儀 国立市
葬儀 福生市 葬儀 狛江市 葬儀 東大和市 葬儀 清瀬市 葬儀 東久留米市
葬儀 武蔵村山市 葬儀 多摩市 葬儀 稲城市 葬儀 羽村市 葬儀 あきる野市
葬儀 西東京市 葬儀 瑞穂町 葬儀 日の出町 葬儀 檜原村 葬儀 奥多摩町

 

 

Calendar