戒名は不要?必要?

戒名は不要?必要?

仏さまの弟子として認められるという意味の仏教徒にとっての“戒名。生きている間につけてもらい、仏さまの教えを守る決意をして正しい生活を送るというのが本来のならわしであり、間に合わずに亡くなってしまった場合にのみ通夜の前につけてもらうというものだったようです。

しかしいまでは通夜の前に僧侶に授けてもらうというのが正式かのようになっていますね。戒名も、どこのお寺でも、どの宗派でも同じというものでもないようでして、基本的には菩提寺、先祖代々のお墓のあるお寺の僧侶につけてもらうというのが通例です。もしも遠い場合でも、ファックスで送ってもらうこともできるかもしれないので、問い合わせてみるといいですね。もしも無理な場合でも、近くの同じ宗派のお寺を紹介してもらえることもありますから。

ところで、戒名とは、必ずつけてもらわなくてはいけないものなのでしょうか。もちろんでしょ!という人がいれば、必要ないと考える人もいるようです。菩提寺のある人であれば、通常は葬儀を頼むとなればそのお墓に入ることになり、つけないことには納骨ができないといったことにもなってくるので、自分の意思で戒名をつけないということはできないことになるようです。

しかし、仏教徒ではない、別にお墓を買ったり、霊園であったり、市営の墓地に埋葬する、となった人の場合には必要ないことになるかもしれません。その場合は「俗名で葬儀をします」とお願いするといいようです。そういった人は別として、菩提寺がある人であればやはりご本尊さま、お世話になっている僧侶、ご先祖さまに対して失礼の意が生まれてしまうことにもなりかねないため、仏教徒としての証としての戒名は、ちゃんと仏教を信仰している人にとっては必要といえるのでしょう。

私が聞いたことのある話では、亡くなったあとも自分が亡くなったことに気づいていない魂もいらっしゃるそうです。そういう魂に気づかせてあげるのも戒名の役割なのだとか。親からつけてもらった名前を捨てて、それまでの生き方や経験、ものの見方など、現世での魂をリセットするというのだそうです。現世から離れて来世へ旅立つためのひとつのけじめになるというわけですね。

戒名が必要か不必要かの問題が出てくるのには“戒名料”という名のなかなか高額な料金が関係してくることも理由のひとつに大きいそうです。戒名料についてはまた次のお話で触れたいと思います。あなたにとって戒名は必要ですか?それとも不要ですか?

地域別葬儀情報・東京都23区
葬儀 千代田区 葬儀 中央区 葬儀 港区 葬儀 新宿区 葬儀 文京区 葬儀 台東区 葬儀 墨田区 葬儀 江東区 葬儀 品川区 葬儀 目黒区
葬儀 大田区 葬儀 世田谷区 葬儀 渋谷区 葬儀 中野区 葬儀 杉並区
葬儀 豊島区 葬儀 北区 葬儀 荒川区 葬儀 板橋区 葬儀 練馬区
葬儀 足立区 葬儀 葛飾区 葬儀 江戸川区

 

 

Calendar