香典

香典

香典袋の書き方にとまどったことのある方も多いと思います。私もそのうちの一人です。また、香典は慌てているとついお金を入れ忘れたり、包み方を間違えたり、表書きや中袋の書き方を間違えてしまったりしてしまうものです。準備にはチェックする余裕を持って用意しましょう。

では書き方ですが、通夜の場合の表書きには、「御香典」ではなく「御霊前」と書きます。表書きは宗教により書き方も違うため注意が必要です。まず、仏式では先ほどお話ししたとおり通夜の場合が違いますが、告別式には「御香典」または「御香料」です。また、四十九日以降は「御仏前」となります。神式では、「御玉串料」や「御榊料」や「御神前」、「御神饌料」などがあります。キリスト教の場合には、「お花料」や「記念献金」。

カトリックでは「御ミサ料」とします。「御霊前」だと各宗教共通なので迷ったときは一番無難かもしれません。さて、送り主の名前の書き方は、一人の場合はもちろん水引の下の中央に書きますが、連名の場合は、年長者や上位者を右から書きます。人数が5人など多い場合の連名では、「○○一同」などととして、袋の中に全員の名前を書いた紙を入れておきます。これももちろん、年長者や上位者を右から書きます。仕事の関係者で会社名を入れる場合は、会社名は小さめに名前の右側に書きます。名刺を貼るなら、名刺の左下の角を折って、香典袋の左下に貼ります。

次に中袋の書き方では、なんと言っても金額を書く際の漢数字ではいまだに私も「ええと‥」と考えてしまいます。例えば、三千円は「参千円」。「千」は左側にこざとへんがついた“せん”でもいいですし、「円」はくにがまえの中が「員」の“えん”でもいいです。一万円は「壱萬円」。金額の上には「金」と入れ、金額の下には必ず「也(なり)」をつけて「金 壱万円 也」と書きます。

中袋の裏と表は、香典袋にもよりますが、表に金額、裏に住所と名前、もしくは、表に金額と名前を全て書いてもかまいません。差し出し方は、受付なら相手側から字が読める向きにして、祭壇には、こちらから字が読める向きにして供えます。

それから、供物や供花を贈りたい場合について。供物なら、故人の好物や果物、線香などが一般的ですが、神式では線香や抹香は使わないので注意です。供物は不祝儀用の包装をして表書きを「御供物」として送り主名も書きます。

通常、供花は白い花ですが、最近は洋花も目にします。供物や供花を贈った場合は香典を二重に渡す必要はありません。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar