新盆の迎え方

故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことを“新盆(にいぼん)”または“初盆(はつぼん)”といいます。具体的に、何をすればいいのでしょうか。

新盆というのは、仏になった故人が初めて霊となって家に里帰りする日ですので、親しかった人たちや遺族が集まって迎え、僧侶に読経をあげてもらって供養をします。お盆は昔から年に一度先祖の霊が家に帰ってくるといわれていて、地方によっても違いがあり7月15日頃か8月15日頃を中心に行いますが、一般的には8月13日がお盆の入りまたは迎え盆、16日が明けまたは送り盆とされています。13日の夕方には玄関先でたいまつに火をつけ“迎え火”を焚き、霊が迷わずたどり着けるように軒先にはちょうちんをつるし、精霊棚または仏壇の周りには盆ちょうちんや盆灯籠を灯します。そのちょうちんは、たいていは故人の近親者が贈るものですが、最近ではちょうちんを飾る場所がなかったりなどの問題もあることから現金を贈ることも増えているようです。

精霊棚または仏壇にはお飾りや食べ物などを供えるのですが、私の小さい頃よく祖母がきゅうりやナスにようじなどで足をつけて飾ったりしていました。その頃はよく意味がわからず一緒に作っては飾っていましたが、どうやら先祖が行き来しやすくなるための乗り物にとの意味があったようで、きゅうりを馬に、ナスを牛に見立てた昔からのならわしでした。近頃は、お盆の準備といえば仏壇をきれいにしてお飾りやお供えを準備する、といったものがほとんどのようなので精霊棚(しょうりょうだな)というものは特別用意しなくなったようですね。

精霊棚というのは盆棚ともいいますが、先祖や故人をお迎えする場所という意味で盆になると特別に用意するものでした。小机などに白い布をかけ、先祖の位牌を中央に並べ、その手前に香炉、燭台、花立を置き、季節の野菜やくだもの、精進料理などの霊供膳、きゅうりやナスの乗り物、お迎えだんご、キキョウ、オミナエシ、ハギ、山ユリ、蓮の花などの盆花で飾ります。

このほかに、ナスやきゅうりを刻んで洗い米と一緒に入れた“水の子”を蓮の葉の上に供えたり、蓮の葉に水をたらした“閼伽みず(あかみず)”などを供えることもあるようです。そして盆明けの16日の夜になると、また玄関先で送り火を焚いて先祖のお墓へ送り出しをするのです。また1年後、お迎えする日まで。

■ 神奈川の葬儀