生演奏による音楽葬の特徴

生演奏による音楽葬の特徴

故人の好きだった音楽を流しながら式を行える音楽葬ですが、多くは音源にCDを利用しますね。

CDの場合、だれでも用意しやすいですし、事前に特別な用意がいらないというメリットもあります。
ただし、個人を最高の状態で送ってあげたいという時には、歌手や楽器奏者による生演奏の音楽葬もお勧めになります。歌手や楽器奏者による生演奏の音楽葬の場合、流れる音楽自体の質もよくなります。

また、参列者の方が会場に入ってきたときから演奏してもらえたり、良いタイミングで演奏を切り上げたりしてもらえますので、一番良い形で音楽葬を行うことができるのです。

家族に対しての最後の愛情を示したいという方や、式場の雰囲気に気を配りたいという方は、生演奏の音楽葬を行ってみるとよいでしょう。

音楽葬と家族葬が行われることが多い

家族葬というものが行われることが非常に多くなってきました。

家族葬はその名の通りに家族のみが出席するようなタイプのものになります。家族のみが出席しますので、会場などがかなり狭いもので対応できるというメリットがあります。会場に付きまして、あまり費用がかからなくなるという大きなプラスがあるわけです。その家族葬ですが、実は音楽葬と組み合わせている方が増えてきています。

音楽葬との組み合わせですが、非常に相性が良いです。音楽葬は故人の好きな音楽を流して行われるわけですが、あまりお葬式にふさわしくない曲もあります。一般の多くの方が参列するような、葬儀にはふさわしくない事も実際にあるわけです。

以上のいことから家族葬という葬儀の形態の中に、音楽葬というものを含ませる事が多くなっています。
家族葬と音楽葬は非常に相性が良いということが、よくわかっていただけるのではないでしょうか。

音楽葬・家族葬・無宗教葬について

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar