無理な住宅ローンを組んで生活が破綻。任意売却に希望の光が!

無理な住宅ローンを組んで生活が破綻。任意売却に希望の光が!

昔から僕は、高級志向でなんでも高いものは良いもの!という意識がありました。確かに、どんなものでもワンランク上の値段がはるものは使ってみて良いものばかりでした。
しかし、いつもお給料ギリギリまで使ってしまい貯金をしない悪い癖がアダとなりました。人生で一番高い買い物であるマンションを買う時も間違った判断をしてしまったのです。
自分の給料で払えるギリギリのローンを組んでしまったのです。独身なのに、高級なファミリータイプのマンションを購入してしまったのです。ギリギリでもローンが払えるうちはよかったのですが、会社の経営が傾いてきて減給、ボーナスも減らされると、毎月の生活を切り詰めても住宅ローンが払えなくなってしまったのです。キャッシングで誤魔化してしたのですがもう限界でした。
マンションを手放そうと思ったのですが、普通に競売だと損をすることに気づき、徹底的に打開策はないかとネットで調べ任意売却という方法にたどり着きました。任意売却という方法を知れたことが唯一ラッキーなことでした。自分の知識だけでは不安だったので任意売却専門の窓口に相談してみました。費用はかからず無料だったので安心できました。
今では無事にマンションも希望価格で売れて、残りの借金を少しずつ堅実に返済しています。あの時、任意売却という方法に辿り着かなかったら今ごろは全てを失っていたかもしれません。
競売ギリギリで困っている方は、是非とも任意売却という決断をして欲しいです。


任意売却を考えていて競売が始まりそうな時

"任意売却は、競売の前に債権者と交渉して、任意売却への同意を得てから行うの通常ですが、悩んでいるうちに競売の開始決定通知が届いてしまうことがあります。それでもこの段階で任意売却を諦めるにはまだ早く、競売の申し立てを行った債権者に取り下げてもらえば、競売ではなく任意売却を行うことは理屈上可能です。 ただ、競売の申し立てまで行っている債権者に対して、任意売却に変更してもらうのは少々大変な交渉です。競売であればある程度見込まれた金額の回収が可能ですが、任意売却ではそれ以上の金額が回収できる可能性と、売れずに終わってしまうリスクの両方あるからです。 競売の開始決定から売却許可決定までは日にちがあるとはいえ、任意売却であっても諸手続きがあり、売買契約の締結までには時間が掛かります。どちらが良いかという判断は債権者が行うことであり、それを任意売却に向けさせるのが交渉ですが、単に売れそうだからという根拠のない説明では納得してもらえず、相場金額や需要予測などの専門的なアプローチが必要となるでしょう。 "

【神奈川県(他市・町)】
任意売却 相模原市/ 任意売却 鎌倉市/ 任意売却 逗子市/ 任意売却 三浦市/ 任意売却 葉山町/ 任意売却 厚木市/ 任意売却 大和市/ 任意売却 海老名市/ 任意売却 座間市/ 任意売却 綾瀬市
任意売却 愛川町/ 任意売却 清川村/ 任意売却 平塚市/ 任意売却 茅ヶ崎市/ 任意売却 秦野市/ 任意売却 伊勢原市/ 任意売却 寒川町/ 任意売却 大磯町/ 任意売却 二宮町
任意売却 南足柄市/ 任意売却 中井町/ 任意売却 大井町/ 任意売却 松田町/ 任意売却 山北町/ 任意売却 開成町/ 任意売却 小田原市
任意売却 箱根町/ 任意売却 真鶴町/ 任意売却 湯河原町/

Calendar