任意売却がストップしてしまう場合

任意売却がストップしてしまう場合

住宅ローンの返済が滞っているとき、任意売却という手があります。
しかし、いくら任意売却先を探していたとしても、任意売却がストップさせられてしまうことがあるのです。
まずは、依頼主との連絡が取れなくなってしまったとき。 任意売却の仲介をしている不動産業者が、依頼主に連絡を取ろうとしても取れなくなってしまった場合はもちろんのことです。 債権者が依頼主に連絡を取ろうとしても取れなくなってしまった場合、債権者側から「任意売却をストップしてください」と命令が来ることがあります。
また、任意売却の価格が相場よりもかなり高い場合も、任意売却がストップしてしまう場合があります。 債権者としては、できるだけ多くのお金を回収したいところです。 ろくに買い手もつかないような任意売却をするくらいであるならば、早く競売を実施してお金を回収したいと考えている債権者も多いのです。
また、競売までの時間が迫っている場合、任意売却はストップしてしまいます。


任意売却とはそもそも何なのか

任意売却という言葉を聞いたことのある人はほとんどいないでしょう。
住宅ローンの返済が行き詰まるようになってどうしたらいいのかと調べ始めて初めて目にする言葉だと思います。
さて、それで任意売却というのは一体どんな手続かというと、自らの意志で住宅を売却することを言います。 競売が強制的な売却なのに対して、任意での売却なために、任意売却と呼ばれているわけです。 競売の場合、相場価格の7割程度で落札されてしまうのですが、任意売却の場合はかなり相場に近い価格で売却できるのが大きな魅力となっています。
ただ、任意売却をするためには金融機関との交渉や、住宅売却のための宣伝広告活動が必要になり、個人の力でやるのは困難です。
したがって通常は任意売却を専門としている会社に依頼してやってもらうことになります。 都合のいいことに、任意売却会社への支払いは任意売却代金から出せるようになっているため、依頼費用を事前に用意する必要はありません。
困っている人はとりあえず任意売却会社に駆け込んでみるのがおすすめです。

【東京都23区】
任意売却 千代田区/ 任意売却 中央区/ 任意売却 港区/ 任意売却 新宿区/ 任意売却 文京区/ 任意売却 台東区/ 任意売却 墨田区/ 任意売却 江東区/ 任意売却 品川区/ 任意売却 目黒区/ 任意売却 大田区/ 任意売却 世田谷区
任意売却 渋谷区/ 任意売却 中野区/ 任意売却 杉並区/ 任意売却 豊島区/ 任意売却 北区/ 任意売却 荒川区/ 任意売却 板橋区/ 任意売却 練馬区/ 任意売却 足立区/ 任意売却 葛飾区/ 任意売却 江戸川区

Calendar