仏壇の購入時期

仏壇の購入時期

昔はすでにご自宅に仏壇がある場合が多かったものの、最近の家庭では、仏壇はなく家族の誰かが亡くなってはじめて仏壇を購入するケースも増えてきています。 ここでは、新しく仏壇を購入する際の注意点をお話します。新しく仏壇を購入する場合、最近は、四十九日の忌明け前や納骨が済んですぐに購入する方が多くなっているようです。ただし、本来ならば仏壇は忌明けまでに用意した方がいいでしょう。しかし、用意できない場合は、命日やお彼岸などに購入するようにしましょう。 仏壇を購入する際の注意点、仏壇・位牌の祀り方は以下の通りです。

●仏壇購入の際の注意
仏壇には、「塗り仏壇」と「唐木仏壇」の2種類があります。塗り仏壇は主に杉材を使用しますが、漆や釜箔を押して豪華に仕上げたもので「金仏壇」とも言います。一方、唐木仏壇は、黒檀、紫壇、カリン、桑などの材料を使い、釜箔などはほとんど使わずシンプルな仕上がりとなります。唐木仏壇の特徴は、耐久性に優れているという点です。

●仏具をそろえる時の注意点
お仏壇を購入する際には仏具も揃えます。揃える仏具は、本尊、位牌、花立て、燭台、仏飯器、莱湯器、高杯、香炉、りんなどです。この佗に燭台と花立てをもうひとつと、過去帳、経机、線香差し、火消し壷なども仏具として揃えておくといいでしょう。もしも安置する位牌が多くなった場合は、過去帳、繰り出し位牌を使うようにしましょう。

●仏壇の祀り方
購入した仏壇にご本尊を祀る時、一般的には、ご本尊を中心に各宗派の宗祖高祖らの像を脇掛として左右に祀ります。仏壇の安置場所は、もっとも尊いのが北とされています。ですので、北を背にして南向きに安置するのがいいでしょう。安置する場所は、居間や茶の間など、家族が心静かに拝めるところが一般的です。

●位牌を祀る時の注意点
位牌だけを祀る場合、位牌を安置するのは、位牌の入る宮型の位牌入れに納めて祀るようにします。その場合、向かって左に新しい先祖の位牌を安置し、古い先祖の位牌は右側に安置しましょう。

■ 横浜、川崎の家族葬
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar