香典Q&A

香典Q&A

Q) 香典返しの目安はいくらぐらいですか?

A) 「半返し」といって、従来のしきたりではいただいた香典の額の半分くらいを返すのが普通だとされていました。しかし、最近では3分の1位を返す方が多いようです。

Q) 香典返しと御挨拶状は必要ですか?

A) 香典返しは四十九日の忌明けをしたと云う知らせになります。 ですので、お世話になった方々への御礼を、長手紙の礼状と一緒に香典返しを添えて送ります。お香典をいただい方々に対して贈るのが香典返しとなります。挨拶礼状は必ず必要となりますし、作るのに時間がかかりますので早日に手配をしておきましょう。

Q) 神式の香典返しと挨拶状はどうすればいいのですか?

A) 神式の場合、忌明けは五十日祭か三十日祭となります。挨拶状と一緒に、「志」と表書きした香典返しをする方が多いようです。挨拶状で使用してはいけない言葉は、「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」などですので避けるようにして下さい。

Q) キリスト教式の香典返しと挨拶状は、どうすればいいのですか?

A) キリスト教式の場合、1カ月後の召天記念日に納骨を済ませたら、その旨の挨拶を添え、故人を記念する品物も一緒に贈ることが多いようです。挨拶状で使用してはいけない言葉として、「冥福」「成仏」「供義」「回向」などの仏式用語は避けて下さい。キリスト教式では、「急逝」「永別」「神のみもとに召され」などの言葉を使い、表書きは「志」にします。

Q) 社葬の場合の香典返しは、どうすればいいのですか?

A) 社葬の場合、葬儀の費用は会社などが負担するのが一般的ですが、お香典は遺族側が受け取るため、そのお返しは遺族側が行うようにしましょう。

Q) 香典返しにはどんな品物がいいのですか?

A) お茶やシーツ、タオルや陶器、石鹸などがいいでしょう。香典返しの品物にはそれぞれ意味があります。お茶は、それを飲みながら故人を偲び、シーツやタオル、綿布は仏の世界へ白装束で旅立つという流れから、砂糖にも仏の世界へ白装束で旅立つという意味はありますが、もうひとつ消耗品ということで、贈った相手に不幸がおよぶのを消滅させるという意味から利用されることが多くなっています。他にも、石けんには不幸を洗い流すという意味、漆器には不幸を塗りつぶし、2度と不幸がないようにという願いが込められ色直しをするし、ハンカチは悲しみをぬぐうため、家庭金物には、風習として光るものが魔よけとして用いられていたことから香典返しの品として利用されています。

■ 神奈川の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar