忌明けについて

忌明けについて

忌明けを告げる法要は、故人が亡くなった日から数えて四十九日目に行います。地域や宗派によっては、三十五日目に法要を行う場合もあります。では、忌明けまでの法要と忌明けの法要についてお話しておきます。 忌明けまでの法要は、ニ七日(14日目)から六七日(42日目)に執り行います。

以前は故人と親しかった友人なども招いていましたが、最近ではご僧侶の読経を略し、ご家族だけでこれらの法要を営むことも多くなっています。 四十九日目に行う忌明け法要は、地域や宗派により三十五日目に行うこともありますが、最近は忌明け直前の休日に行う場合が多くなっています。 忌明けの法要を行うには、まずご僧侶の予定を尋ねてから日時と場所を決めます。

お招きする方は、親戚関係と故人の親しかった友人関係など、特にお世話になった方々はお招きするようにしましょう。日時が決まりましたら、なるべく早めに電話かハガキで連絡をしましょう。

忌明け法要までに用意するものは、塗りや唐木の本位牌です。それから、花、線香、ローソク、お供え品、焼香なども用意をしておきましょう。忌明けまで安置していた白木の位牌は、菩提寺と相談して処分してもらいます。

また、忌明礼状や香典返し、仕出し料理なども決めておきましょう。 法要が終わりましたら、通常、列席者の方々にお酒やお料理などを振る舞います。会食には、引出物をつけるのが一般的です。参列いただいた方にお供え物を分け、一緒に持ち帰っていただく場合もありますので、手提げ袋や風呂敷を人数分用意しておきましょう。

また、ご僧侶にお経をお願いした場合は、あらかじめお布施を用意しておいて下さい。 49日目の七七日の法要は、忌日のなかでも重要な法要だとされています。仏教の教えでは、49日目の審判で死者の運命が決まると言われています。この日は、通常、ご僧侶を呼び親類や友人、知人を招いて盛大に忌明けの法要を行います。

香典をいただいた方へは、忌明けの挨拶状と香典返しを一緒に送りましょう。 仏壇のない家は、四十九日の忌明けまでに新しい仏壇を用意しておきます。仏壇の扉は、忌明けまでは閉じておくのがしきたりですが、忌明け後は、朝、扉を開け、夕方閉めるのが一般的です。

白木の位牌は、忌明けまでは遺影と共に祭壇に置きますが、忌明けと共に寺へ返し、代わりに塗りの位牌を入魂供義して仏壇に納めます。

葬儀後から一周忌までの忌服期間中は、結婚式などのお祝い事など慶事への出席を控えることや、挨拶状などは早めに準備しておくようにしましょう。

■ 神奈川の家族葬
       
       
       
       
       
       
       
       
       

Calendar