喪中ハガキのサンプル

喪中ハガキのサンプル

「年賀欠礼状」とは、「年賀状の欠礼はがき」ともいい一般的には「喪中ハガキ」と呼ばれています。ご家族のどなたかが亡くなられた年は、新年を祝うことはせず喪に服していますという意味の喪中ハガキを出します。 喪中ハガキを出す時期は、相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うようにするのがマナーです。ですので11月には用意をし、遅くとも12月初旬には相手方に届くようにしましょう。このページでは喪中ハガキの文例と喪中と知らずにお年賀状を下さった方へのお返事のハガキの文例をご紹介しますので参考にして下さい。

●喪中ハガキの例
喪中につき年始のご挨拶を遠慮させていただきます(大きな文字) 本年○月○○日 父 ○○(享年○○歳)が永眠いたしました ここに本年中に賜りましたご厚情を深謝申し上げます 明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
平成○○年○○月
東京都○○区○○町1-1-1
○○ ○○○(氏名)

●喪中ハガキの例2
喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます(大きな文字)
本年○月○○日 実母 ○○が○○にて永眠いたしました 平素のご厚情を深謝いたしますとともに 明年もこれまでと変わらぬご交誼のほど よろしくお願い申しあげます
平成○○年○○月
東京都○○区○○町1-1-1
○○ ○○○(氏名)

●年賀状への返事例1
「寒中お見舞申し上げます(大きな文字) 早々のお年賀状ありがとうございました。昨年○月○○日、私どもの義父が○○歳にて亡くなりました。つきましては新年のご挨拶を控えさせていただきました。 欠礼のお知らせも申し上げず大変失礼いたしました。本年もどうぞ宜しくお願い申し上 げます。」

●年賀状への返事例2
「ご丁寧に年頭のごあいさつをいただき、ありがとうございます。 実は昨秋夫○○を亡くし喪に服しておりますため、お年始状をご遠慮させていただきました。失礼の段お許しくださいませ。 本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。」

いただいたお年賀状への返礼は松の内が過ぎてから、1月末までにお出しするようにしましょう。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar