法要の挨拶サンプル

法要の挨拶サンプル

ご自宅で法要を行なう際、喪主法要の開始を告げ、終了のご挨拶を行います。もちろん長く話す必要はありません。ただし、 ご挨拶の中には、なるべく以下のような内容を盛り込むといいでしょう。

●法要の開始を告げる冒頭の挨拶例1

「本日は、ご多忙中にもかかわらずお集まり下さいまして、まことにありがとうございました。それではこれより父○○の○○○○(四十九日、一周忌など)の法要を執り行いたいと存じます。ご住職、宜しくお願いいたします。」

 

●法要の開始を告げる冒頭の挨拶例2

「本日は、お忙しい中を母○○の○○○○(四十九日、一周忌など)の法会にお集りいただきましてありがとうございました。これより法要を執り行いたいと存じます。それではご院家様、宜しくお願いします。」 法会(ほうえ)とは、故人の供養のための行事や集会のことです。 僧侶のことは「ご住職」「和尚さん」「ご院家様(ごいんげさま)」と呼び掛けます。この合図で僧侶による読経が始まります。 宗派やお寺によっても呼び掛け方が異なります。呼び掛けの部分を省略する場合には、僧侶に対して読経の開始を目礼で合図しましょう。

 

●法要の終了を告げる挨拶例(会食がない場合)

「本日は、ご多忙中にもかかわらずお集まり下さいまして、まことにありがとうございました。おかげさまで母の○○○○(四十九日、一周忌など)の法要を無事終えることができました。母も私たちの姿をみてきっと安心してくれたことと思います。 母亡き後、今日まで多大なご厚情を賜りながらゆっくりとお礼を申し上げることができず、まことに申し訳ございませんでした。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。どうかこれからも変わらぬご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

本来であれば皆様とご一緒に粗宴を囲みながら父を偲びたいところではございますが、遠方からおこしの方も多いため、本日はこれにてお開きとさせていただきます。お荷物になるかとは存じますが、心ばかりのものをご用意させていただきましたのでお帰りの際には、どうかお忘れなきようお持ち帰り下さいませ。本日はまことにありがとうございました。」

会食がない場合には、挨拶の中でその旨をお伝えます。折り詰めの料理と酒の小壜を用意し、引き出物と一緒にお持ち帰り頂けるようにしましょう。 会食を行う場合には、会食の後で行なう挨拶が締めの挨拶となります。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar