葬儀が終わったら

葬儀が終わったら

精進落としが済むと、世話役などから事務の引継ぎをしなくてはいけませんね。特に、香典、芳名帖、供物帖、弔電、弔辞など、それぞれを保管していた係からきちんと受け取っておかなくてはなりません。預けていた雑費の残金など、香典を受け取るときにはその場で収支をきちんと確認しておきます。

領収書、請求書、納品書なども受け取ってチェックです。また、立て替えておいてもらったものは、小額であっても必ず清算することですね。いい加減に済ませると、後々のトラブルにならないとも限らないので、お互い後味の悪い思いをしないためにも十分に注意を。

世話役を頼まれた人は、疲れている遺族の負担を軽くするためにも、書類や帳簿を整理して、わかりやくい形で引き継げるようにしたいものです。とくに遺産相続がある場合には、葬儀などにかかった費用は、相続税の控除の対象になります。出納帳にはできるだけ細かく記入しておくようにします。世話役は、食器類はきれいに洗って片付け、仕出し屋などから借りたものがあれば数を確認してまとめておくなど、精進落としの後片付けもします。備品類は、普通、遺族が火葬場に行っている間に、残った世話役や葬儀社が片付けておきます。ただ、世話役が借りたものを破損してしまった場合には、遺族が代わりに弁償します。喪服を貸衣装店や葬儀社からレンタルした場合にも、シミや汚れはないかチェックしてからできるだけ早めに返却します。

その後、葬儀が終わって二、三日すると、葬儀社が請求書を持って訪れます。事前に出してもらった見積書と照らし合わせながら請求書の内容をチェックです。見積もりのあとから追加した料理や返礼品の代金などの分もあるので見積もりより高くなるのが普通ですが不明な点は遠慮なく問い合わせて良いのです。それから、お世話になった僧侶には、葬儀の翌日に喪主があいさつに出向いて謝礼を渡すのが正式ですが葬儀の当日に渡しても良いようです。

僧侶への謝礼のことを“お布施”といいますが、枕経、通夜、葬儀、告別式、環骨回向など、そのつどではなくまとめて渡すのが普通ですが、「御車代」「御膳料」とは別のものです。また、寺院で葬儀を行った場合には「式場使用料」が別に必要ですから事前に確認しておきます。お布施の金額には定価というものがないのでいくら包んだらよいのか迷ってしまうものですね。

寺院との関係や葬儀の規模、地域の慣習、経済状態などを考慮し、無理のない範囲で決めることになるのですが、遺族や親族と話し合って決めるべきかもしれませんね。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar