お悔やみの述べ方

お悔やみの述べ方

不幸の知らせを受けたら、故人やご遺族との親交の深さにもよりますが、とりあえず駆けつけてお悔やみの言葉を述べましょう。喪主や遺族は、あわただしく準備をしていると思われますので、玄関先で応対に出た人に伝えましょう。また電話で知らせを受けた場合など、お悔やみの言葉には、次のようなものがあります。

・このたびはご愁傷さまでございます。
・心よりお悔やみ申し上げます。
・突然のことで驚いております。どうかお力を落とされませんように。

なお、このとき(1)通夜の日時と場所、(2)お葬式の日時と場所、(3)喪主の氏名、(4)宗教、宗派を忘れずに確認しておきましょう。

通夜の際は、受付係の方にお悔やみを述べ香典を差し出しましょう。また、喪主や遺族に会えたときは、直接お悔やみを述べます。お悔やみは自分の悲しみを述べるのではなく、あくまでも遺族を慰める言葉だということを忘れないようにして下さい。ですので、お悔やみを述べるときには、死因や死の間際のことを聞かないようにします。お子さまが亡くなられた場合は、くれぐれもお子さま思い出話をするようなことはないようにしましょう。

また、「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれ、葬式や葬儀では、不吉な意味を連想させる言葉は使用しないのがマナーとなります。これはお悔やみの電報だけでなく、弔辞やお悔やみの挨拶文でも同じことです。忌み言葉は以下の通りです。

◎重ね重ね、たびたび、またまた、しばしば
◎再三、再び、重ねて、続いて

これらの言葉は、死や不幸が「くり返される」ことを意味するので、繰り返しをさす言葉は使わないようにする。

弔電(お悔やみの電報)は、葬儀や通夜に参列できない場合、駆けつけてお悔やみを述べたい気持ちをメッセージ込めて送りますが、他には以下のような場合に弔電を送ってお悔やみを述べます。

●友人や同僚のご家族に不幸があったとき
香典を用意するほか、連名で弔電を打つ場合もあります。

●社員のご家族が亡くなられたとき
社長が会葬しない場合は、差出人として社長名で弔電を打ちます。秘書や総務部などがその手配をします。

●仕事上でおつきあいのある取引先の社員
おつきあいの程度により、差出人として社長または部署長の名前で弔電を打ちます。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

Calendar