火葬場の後

火葬場の後

火葬場から戻った遺骨は自宅に持ち帰って、四十九日の忌明けまで、後飾りの祭壇に安置します。後飾りの祭壇というのは、小机などに香炉や供花、供物を置いた祭壇のことで、遺骨や位牌、遺影をここに安置します。忌明けまでは毎日ろうそくを灯し、線香を手向けることになっています。

火葬場に行っている間に葬儀社の係員などがこの後飾りの祭壇の準備をしたり精進落としの準備を進めておくのです。火葬場から帰った遺族たちは、玄関先でひしゃくで汲んだ水を両手にかけてもらい、肩、胸、足元などに塩をかけてもらって身を清め、家に入ります。

後飾りの祭壇に遺骨を安置したら“環骨回向(かんこつえこう)”と呼ばれる法要を行います。ろうそくを灯して、僧侶が読経をする中、喪主から順に焼香をします。僧侶が火葬場まで立ち会った場合にこの法要まで営まれることが多いのですが、初七日の法要を合わせてその日のうちに行ってしまうといったケースもあるようです。

環骨回向の法要の後は、精進落としの席を設け、葬儀・告別式でお世話になった人達をねぎらいます。現在ではほとんどがこのような意味合いで受け取られていますが本来は、仏の教えに専心して勤める修行のことを指すのだそうです。このことが、忌中の間に肉や魚を断っていた遺族が、四十九日の忌明けに通常の食事に戻すといったならわしをいうようになっていったそうです。全く知らなかったので、驚きました。仏教の教えからの由来が、現在の慣習へと変化したということは、葬儀の進行がずっと長い間受け継がれてきたという歴史の証のように感じますね。また意味が違っている分、料理の内容までも名前とは全く違ったものとなりました。通夜ぶるまい同様に、精進料理にこだわらないものになってきているようです。関係者の手を煩わせないように仕出しを頼んだり、料理屋などで宴席を設けるといったことも多いそうです。

この精進落としの宴席では遺族が接待役となるので末席に座ります。全員揃ったところで喪主があいさつをして始めます。宴の間、遺族は関係者の席を回ってお礼回りをしていきます。あまり長くならない程度に一~二時間で切り上げますが、一段落したところで今後の法要について、親族と相談の時間を持っておくと良さそうです。

また、僧侶が精進落としを辞退された場合は、通夜ぶるまいと同様、御車代とは別に御膳料として一万円ほどを包みます。昔も今も喪主や遺族がホッとするのもこの精進落としの場なのでしょうね。

■ 神奈川の葬儀
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar